手足口病

手足口病は夏に流行する

手足口病という病気をご存知ですか?
これは、夏に引く風邪のひとつで、いわゆる、夏風邪とも呼ばれているものですが、夏風邪の通常の症状と共に、病原菌の感染によって他の症状も出てくるという、ちょっと面倒な病気です。
手足口病は「コクサッキーウィルス」というウイルスによって引き起こされることがわかっています。
風邪をひくと、咳が出たり、くしゃみが出たりしますが、それによって周囲にウイルスを撒き散らしてしまうこともありますし、また、トイレの排出物にもウイルスがついているので、そこから感染することもあります。
さらに、手足口病は、潜伏期間があり、短くて3日、長くても6日程度といわれていますので、感染してすぐに発病するわけではありません。
ですから、ご家族からウイルスをうつされても、発病がわかりにくいということもあるのです。
さて、このような手足口病の症状が出てしまった場合、おうちではどのように対処したらよいのでしょうか?
この病気が夏風邪の一種であり、また、ウイルスによって発症していることがわかっていて、手足口病についても知っていれば、突然、水疱が出てきてもそれほどあわてないと思います。
ですが、お子さんの体に突然、水疱を見つけた場合、びっくりしてしまいますし、「すぐに治療を」と焦ってしまうことも当然です。
でも、こんなときはあわてず、様子を見ましょう。
熱もそれほど上がりませんし、手足口病の症状は軽いですので、すぐに治療する必要はありませんが、診察は受けたほうがよいでしょう。
受診すれば、病名がわかるので少しは安心できると思いますし、周囲にうつる病気ですので、正しい対処の仕方を病院で教えてもらったほうが安心できますよね。
トイレで感染することも多いので、ご家族は手洗いをしっかりしましょう。
そして、小さいお子さんの兄弟は感染しやすいので、特に注意して欲しいと思います。
うがいや手洗いをして、ウイルスの侵入を防がなければなりませんので、インフルエンザの流行の際に使っている消毒液や殺菌液などをご家庭にも用意しておくと良いですね。
食中毒や手足口病の予防にもなりますので、夏でも手についたウイルスの殺菌は必須です。