口内炎ができやすい人は

口内炎ができやすい人は

口内炎ができると本当につらいです。
おいしい食べ物を食べてもおいしく食べれないですし、楽しい家族団らんや友達との食事も心から楽しむこともできませんよね。
口内炎もできやすい人や何度も同じところにできてしまう人もいます。
実は口内炎についてはまだはっきりとした予防策などは見つかっていないそうです。
これは原因がいくつもあるからだそうです。
まだ、はっきりわかっていない原因もあるようです。
わかっている予防法だけでも紹介したいと思います。
といっても、ほとんど口内の予防法だけと言えますが、歯磨きをしっかり行うことです。
もちろん歯磨きは日課ですし、歯を磨かない人はいないのではないかと思うのですが。
きちんと磨けているかが問題のようです。
最低でも食事の前後にうがいをするだけでも、口内炎の予防になるそうです。
口の中を噛んでしまったときに、口内に雑菌が繁殖していると噛んでしまった傷口に雑菌が入り込み口内炎になることもありますし、タバコを吸う人は雑菌が繁殖しやすいそうです。
そして、ストレスや病気によって体の免疫力が落ちているときにも口内炎になりやすいです。
歯並びが悪い人も歯磨きがきれいにできていないことが多く、雑菌繁殖が起こりやすいです。
お茶を頻繁に飲む人は口内炎になりにくいと言われています。
お茶には殺菌効果が高いことがわかっていますし、口の中が乾燥しにくいのも関係していると思われます。

さらにはビタミンB6の欠乏も原因と言われています。
動物であれば内臓系、魚であれば赤身の魚(まぐろやかつお)がよいそうです。