切り傷やすり傷のケアの変化

切り傷やすり傷のケアの変化

切り傷やすり傷はどんな人でもほぼ必ずといってもいいほど負うものですが、正しいケアをしている人って少ないです。
なぜなら、未だに研究が終わらず、さらに急速にケア方法の情報が変化し続けているのです。
以前は乾燥させることだったり、消毒薬で消毒することが正しい処置方法だったにもかかわらず、現在ではあまり行われる方法ではなくなってきました。
傷は薬で治るわけではありません。
新しい細胞が成長することで治っていきます。
細胞の成長には水分が必要なため、乾燥させると細胞の成長が遅くなってしまうために、傷の治りが遅くなると言われるようになってきました。
また、細胞が成長するのに時間がかかる分、傷口のメラニン組織が傷の刺激を受け続けるためにその間成長し続けます。それによって傷痕として色素沈着し残ってしまうのです。
また、消毒薬は雑菌を殺しながら、自分の細胞も一緒に殺してしまいます。
つまり、傷を治そうと成長する細胞を阻害していることになります。
傷口はよほどのことがない限り雑菌が繁殖し化膿することはありません。
人間の体は傷を負うと、雑菌を殺すキラー細胞がたくさん含んだ体液を自分の体から出して、雑菌が体の中に入ってこないようにしています。このキラー細胞も消毒液で殺してしまいます。(ただし、刺し傷や動物や人間のつめによる傷は雑菌が非常に多いのでこの限りではありません)。
現在での傷の処置はモイスト法が主流になっているようです。