高血圧

高血圧だけは安易な薬拒否は許されない

高血圧も日本の2000万人が患っていると言われています
しかし、高血圧だけは、薬を飲まずに治すなどと考えてはなりません
確かに生活習慣病である以上、改善の余地はあります
ただ、緊急性を要する症状が出ている場合は別の話です
もし、心筋梗塞、動脈硬化、脳溢血などの恐れがある時、高血圧は命を奪う事になります
血管が裂け、出血すると、心臓も脳も致命傷を与えます
だから、簡単に降血圧剤を飲まないと言えません
高血圧を食事等で治すのは、非常に時間がかかります
まず、血管を強くする食べ物を積極的に食べると良いでしょう
ネバネバした食べ物が血管を強くすると言われています
代表的なもので、長芋や、納豆、海産物である昆布も良いでしょう
同時に血液の汚れを綺麗にしていかなければなりません
ゴボウ、ほうれん草、山芋などが血液を浄化します
血圧を下げる薬は、心筋梗塞や脳溢血などの危険性がある人にとっては、飲まなければなりません
しかし、常用を続けると、副作用の恐れがあります
一説には、痴呆症は、降血圧剤に原因があるとも言われています

命と痴呆症
副作用が絶対ではない限り、医師と相談するのも良いでしょう
ただし、西洋医学では、高血圧に対しての治療法は薬でしかありません
東洋医学や中医学では、漢方で治すようです
西洋医学と東洋医学
それぞれの良い点と悪い点をカバーできる時代が来ると良いですね