アトピー

アトピーとステロイド

ステロイドはアトピーに効果が無い
それどころか、ステロイドを塗布するから、いつまで経っても治らない
証拠にステロイドをやめたら、リバウンドで酷くなる
一時期メディアで大変な問題になりました
ステロイド騒動
実際脱ステをした人も多いはずですが、結果的にステロイドに戻った人も多いのでは?
確かにステロイドを常用的に使用すると、副作用を招きます
しかし、それ以上に症状が重くなるのも現実です
何故リバウンドが起きるのか?
薬を経つことよりも、アトピー自体は、自分の力では治りにくいということではないでしょうか
問題となるのは、アレルゲンが体内に侵出した時に、ペリオスチンという物質が産出される
ペリオスチンが皮膚の角化細胞表面にある別のタンパク質「インテグリン」と結合することで炎症が起きるわけだが、問題は結合された時に、また新たな炎症物質を放出するのだ
だから、アトピーは治らない
ステロイドを塗るしかないし、やめると酷くなる
しかし、本気で生活態度を改めると、症状は緩和される
要は、ステロイドの効力が高いため、症状が一時的に収まる

酷くなっても薬さえ塗れば大丈夫
つまり精神的な依存が最大の問題ではないのか?
アトピーは、生まれつき、先天性の病気だと諦めることはない
諦めている人間に限って、そこまでの努力はしていない
体質を変えたければ、インターネットで検索すると、多くの文献が見られる
しかし、継続して行うにしては、現代社会では相当な我慢が要求される
腸内の環境を変えると言っても、一瞬ではならない
相当の時間を要する
アトピーにステロイドが必要かどうかといえば、当然答えはイエスだ
ましてや、症状が酷い時に使用しないと、精神的にもダメージを受ける
肌に対しても、取り返しのつかない傷を与える
ステロイドで症状を抑えて、苦行の生活改善が出来るか?
それのみが問題なのだ