女性のAGA

女性のAGAは深刻

AGAが男性型脱毛症と呼ばれているので、女性の方はAGAという症状はありえないだろうと思っている方もいるのではないでしょうか。
しかしながら、女性でもAGAになることがわかっています。
女性の場合は、更年期を迎えた女性の体の中で女性ホルモンの働きが弱まり、男性ホルモンが強くなることが原因で起こるようです。
男性ホルモンが影響しているので女性の場合もAGAになるということですね。
でも、女性の脱毛症の場合はFAGAと呼ばれています。
男性ホルモンが強くなると言っても、女性の場合はやはり限度がありますから、男性のようにはげた状態になることはありません。
しかし、女性にとって髪は命とも言われていますから、当人にとってはショックでしょう。
そこで女性のAGAを治療してくれる病院が出てきました。
これまでも需要はあったのですが、通院をして誰かに知られるのをためらう場合も多くカツラなどで隠している人がほとんどでした。
でも、治療方法がたくさん考案されてきたので、これからの時代はAGAを克服することが期待できます。
選択肢が増えれば、いろいろなタイプの方に適した治療が考えられるので、それだけ改善の可能性が高まりますよね。
女性のAGAは男性ホルモンの影響と言われていますが、実は若い女性でもAGAになると言われています。
もちろん、それほど多くありませんが、女性の中の男性ホルモンが活発になることが原因でしょう。
こちらの場合は女性ホルモンの働きが弱まるというよりも、ホルモンのバランスが崩れていると考えられます。
無理なダイエットで生理がとまってしまったという話を聞かれたことはないでしょうか。あれもホルモンバランスの乱れが関係していると思われます。
AGAの治療をすることを考えるよりもまずは体調の改善が優先事項と言えるでしょう。