AGAの原因

AGAの原因とは何か?

AGAと言う言葉を最近よく耳にすることはありませんか。。
AGAとは男性型脱毛症のことですが、その原因についてまだ明確にわかっているわけではありませんが、男性ホルモンの働きによって、育毛が抑制されるらしいというところまではわかっているようです。
ただ、個人差が大きいため、一つの原因だけに絞り込むこと出来ないのでしょう。
そのためAGA専門クリニックなどでは、詳しい症状を検査することで、治療の効果を高める努力をしています。
発症の原因がひとつでないようにその治療法も一つではありません。
複数の薬を併用することで、体内と体外の両面からAGAの治療を行うのです。
AGAの原因として、食生活のバランスが悪くなっているとか、ストレスを溜め過ぎているといったことも言われています。
しかし、それほど単純ではありません。食生活を規則正しくして、栄養バランスを取ることでAGAが改善されるわけではないからです。
ただ、頭皮の状態が悪くなれば、AGAが出やすくなることだけは間違いありません。
まずは健康的な生活をおくるようにしましょう。
タバコを止めると薄毛が抑えられると言われています。
また、頭皮に湿疹などができている場合には、抗真菌薬を処方してもらいましょう。
痒みがあるとつい掻いてしまうのですが、これは頭皮を痛める原因となります。
頭皮のダメージはAGAを進行させることになるのです。
幸いなことにAGAの治療を積極的に行ってくれる病院が増えてきました。
多くの人が悩んでいるのですから、市場として大きな需要が見込めるのでしょう。

サプリメントや育毛シャンプーもたくさん販売されています。
悩む前に自分で出来ることを考え、場合によっては病院へ行ってみるのもよいのではないでしょうか。